スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏色カラーのフラワーアレンジ♪

桜の季節も終わり、そろそろ夏の季節にと近づいてきた今日このごろですが、ブログを読んでいただく皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今回も馴染みとなっているお教室クアトロ・スタジオーネでフラワーアレンジメントのレッスンを受けました
前回と同じホリゾンタル(左右にお花が広がる感じ)のスタイルです

夏色アレンジメント(ホリゾンタル)

いかがでしょうか? 素敵な出窓があったらそこに飾りたいです
ぐっとボリュームがあって、花材のチョイスもいいし、全体的に色のセンスがいいなと思っています さすがは、長い間フラワーアレンジをされている先生です トータルの組み合わせの感性が素晴らしいです

生け方としては、前回のホリゾンタルと同じく、中心にあるオレンジ色のカーネーションを焦点として他の花々が左右に広がるようにオアシスに挿していきました。

まだまだ知識も浅く、ほとんど先生の指示通りに生けているような僕でありますが、、なんとか綺麗に出来上がり、、
家に持ち帰ってうっとり眺めております

なんとなく色合いがトロピカル、、南国のリゾートをイメージするなぁと感じ、先生にそう伝えると、まったくそんなことは意図してなかったとのこと・・。でも、夏に向けての色組み合わせなのは間違いないですね
夏色フラワーアレンジ2

ちなみに使用されているお花の目録を述べますと、

カーネーション
スプレーバラ
ベラドンナ(プラチナブルー)  水色のお花
ビバーナム  緑色のアジサイチックな花
ベロニカ  魚のシッポみたいな花
ヒペリカム  赤い実の花

です
写真に写っています赤い実の花がヒペリカムですが、これはワイルドフラワーといって、主にオーストラリアや南アフリカにある植物らしいです。ワイルドな国で育つ花なのでワイルドフラワーという名称になるのですね。。

先生曰く、ワイルドフラワーと呼ばれる植物の代表的な物として『カンガルーポー』という花があげられるそうです。
ご覧になられたことがある方なら分かると思いますが、本当にカンガルーの足を連想するようなユニークな花です
・・以外と僕はワイルドな国に生息しているお花が好きなのかしら
ちょっとした自分の趣向の発見をしました


スポンサーサイト

ひっさびさの更新です♪

お久しぶりです。
長い間たくさんの私事があり、すっかりマイ・ブログの更新がおろそかになってしまっていましたが、ようやくちょっと腰を落ち着ける時間を持てたので、ひっさしぶりの更新を致します

今回、、というか、もうかなり前の4月17日にうけた生花のフラワーアレンジメントのレッスンの作品を展示します(もう枯れてしまい現在は手元にはありません)。

材料は、名称を全部覚えていませんが、オレンジチューリップ、紫色のスイトピー、コデマリ、白薔薇、菜の花などだったと思います。。(あいまいでごめんなさい

の写真を観て分かりますが、上のほうにちょろっと出ている花はなんという名前かは知りません。けど、細かい花々が集合したとても繊細なデザインのお花だな~って思いました。

2012041714340001.jpg

ちなみに、アレンジするときの注意点としては、楕円形に膨らんだようにお花を生けていき、かつ、凹凸をつけながらお花を刺していくことでした。
そして左右にお花がちょろっと出ている感じにする、、つまりホリゾンタルの形にしています。

見た目的にはよくちょっとした洒落た喫茶店の入り口付近に飾られているような、ごく簡単・シンプルなアレンジメントに見えますが、実際やってみるとこれはこれで頭の使うアレンジメントです。
正直、頭の中で「ふぅふぅ」言いながら先生の言うとおりに造り上げていました。

完成した形の作品を見ながら造っていくのなら、さほど苦しくないですが、まったく「無」の状態からよく分からないまま造り上げていくのは若干難しいなと思った今回の授業です。

それに先生に迷惑をかけないように気を使いすぎ、、分からないのに分かったふりをしながらレッスンを受けている自分の姿にも気がつきました。
今回はただお花を生けるだけではなく、自分の愚かな一面と向き合いながら生けていく、、まるで茶道や華道、剣道、柔道などをしているような奥深いレッスンとなってしまいました。

予定外でしたが、ありがたいことなのかもしれません。
軽~いフラワーアレンジメントをしているのではなく、日本の華道のように自分と向き合いながらお花を生ける・・・。

絡巻きフラワーアレンジ

絡巻きアレンジ

今日はいつものお花の教室クアトロ・スタジオーネにて絡巻きアレンジを習いました。
動かない「静」を表現したお花を中心に、円を描くように花々が回っているアレンジメントです。
先生曰く90年代に考えられたロマンチックなデザインらしいです。

今回は僕の大好きなアネモネが6本も使用されていてとても嬉しい
他のお花たちは、リューココリーネ3本、アストランチア2本、ネコ水仙3本、ヒペリカム1本、そしてコデマリです
配色的にはパープルやブルーが多いですね。
今回はじめてのお花が多かったので、ちょっと検索してみないとどれがどの花というのが自分でもよく分からないですが、いずれも素敵なお花たちばかりでした


先生曰く、ネコ水仙は非常に珍しい希少価値のあるものらしいです。
出る時期も短いとか・・今回そんな貴重なお花を使わせていただいたのでとても大切にしたいです

ちなみに前回作った生花のフラワーアレンジメントは大分枯れてしまったのでまったく違う形に生けなおしてます、、
生きたお花を家におくのは、短い期間ながらも、猫や動物を飼うことと同じことなので、命の終わりまで見届けてあげるのがお花に対する優しい接し方だと思うなぁ





紡錘型(糸巻き状)スタイルのフラワーアレンジ♪

大阪城の梅の花もちらほや咲き出し、盆栽の梅は満開となる季節になってきました
まだまだ寒い気温ですが、梅が咲く頃になると毎年、冬ももうすぐ終わるんだなと寂びた気持ちになります。
ところで、今夜、★クアトロ・スタジオーネ★のフラワー教室で第二回のレッスンを行いました。前回はパラレルアレンジという、お花を並行に並べるようなスタイルでしたが、今回は紡錘型、糸巻き状にお花を生けていくスタイルです。先生曰く、少しマニュアルより形を崩しているようです。

2月24日

使用されているお花は、桃の枝、チューリップ、菊、フリージア、スイトピー、菜の花、コデマリです
今回も芸術的でアートな感じに仕上がっています。前回(パラレルアレンジ)よりもやや難易度が高く、一焦点を決めてそこから天に向かって孤を描いているように花を生けるのがポイントでした。
華道の天・地・人などを連想する形だったので小原流や池坊の授業をしているような気持ちになるレッスンでした
事実、★クアトロ・スタジオーネ★の先生は池坊の生花を学ばれていた経験がおありなので、感性的に華道と通じるような知識をお持ちです。

一時は僕もお花を習うならやっぱり日本のお花からはじめなくちゃいけないかな、と思い、小原流の教室を覗いたりしていました。が、先生が華道の知識が多少なりともお持ちなのであれば、僕は他の教室を通う手間が省けれるようでちょっぴり嬉しいですね。
いつか純和風な生け方も学びたいな~と思います

ちなみに、今回作った作品は自分のお部屋に飾っています。いつもなら玄関の下駄箱の上に飾るのですが、、もう暖房を入れなくてもお部屋で過ごせる気温になってきたので。。

朝起きたときや、本を読んでいる途中にふと顔をあげた時などにお花があるのはとても贅沢な生活になりますね


以上、花族倶楽部でした。

ヨーロピアンスタイルのパラレルアレンジ♪

今夜、 Quattro Stagione★クアトロ・スタジオーネ★ というフラワースクールでパラレルのアレンジメントを習いました。ちなみにヨーロピアンスタイルです

大阪市南森町にある小さくて可愛いお教室で、僕ひとりのマンツーマンレッスン。。先生はとても優しくてお花に熱い方です
体験レッスンだったので、どんな作品を造るんだろうと楽しみにしていたら、沢山お花を用意していただき、とても贅沢にデザインさせていただきました。

がその作品ですがいかがでしょうか?

パラレル

リズミカルでメロディがある感じです。風にのって音楽が流れてくるよう感じがします。

お花は八重咲きのチューリップに、アネモネ、水仙、スイトピーなどです
どれも好きなお花だったので嬉しかったです
特にアネモネは金沢にこないだ旅行いっていらいマイブームになっているお花です。青のアネモネは武家屋敷の群青色の座敷を、赤のアネモネは御茶屋のお座敷を連想します。青いアネモネは武士を、赤いアネモネは芸妓をイメージするといったろころでしょうか

パラレルスタイルは、一見簡単そうに見えますが、全てのお花の茎をまっすぐに見えるようにしないといけないところがやや難しいところです。
茎を美しく見せる表現というところがとても日本の小原流などの生け花に通じるものがありますよね。
他に生ける際に花を内側に向くようにいけなければいけませんでした。内向型のデザインらしいです。内向的な僕にはぴったりのデザイン。。

人工のものではなく自然に見えるために、人為的にまっすぐ生ける。矛盾しているようですが、ヨーロピアンスタイルには日本の生け花と通じるぐらいの奥深さがあります。

今、我が家のお玄関に飾っていますが、まるで一足早い春がやってきたようです
とても素敵なレッスンを受けれたので幸せな気持ちです。
やはりお花はセラピー効果があってとてもいいですね

以上、花族倶楽部でした
プロフィール

Sydney

Author:Sydney
つねづね女子力アップを目指しているお花男子です。
お花、猫、カフェ、キティちゃん大好きです。
自分自身をブログで表現してます。
コメントいただけたら嬉しいです☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。